icon

パソコンの分解・組立やってみよう

必要な道具

ドライバ

ラジオペンチ

パソコンの分解・組立やってみよう


自作パソコンとは・・・


初めての自作PC作成講座


「Core2Duo」で自作PCを作ろう!



筆者のひとりごと

わかりやすいパソコンの仕組み

パソコンの仕組み

パソコンはハードとソフトで成り立っています。

ハードとはコントロールパーツ(CPU)、記憶パーツ(メモリー、ハードディスク等)、入力パー
ツ(キーボード、マウス)、出力パーツ(モニター、スピーカー)

ソフトとはOS(パソコンのハードを動作させるための基本ソフト)と文書の作成・数値計算作
業・画像処理などを実行させるためのアプリケーションソフトがあります。

OSが起動するまでのしくみ

1.PCの電源をON → 2.マザーボートのBIOSが起動する → 3.BIOSがブートプログラム
(ブートローダー)を起動させる → 4.OSが起動する

わかりやすい各パーツの役割

パソコンはいくつかのパーツの組み合わせから出来ています。
パソコンのパーツを役割で分類すると、次の様になります。

これらのパーツを全て接続しているのがマザーボードです。   

パーツ名

交換に最適なパーツ
各パーツの役割
1.コントロールパーツ
(CPU)

コントロールパーツ

コントロールパーツ(CPU)
すべてのパーツ(機器)をコントロールするパーツです。
OSやアプリケーションソフトの指示を分析し、各パーツ(機器)に作業命令を出します。
そしてデータの計算をするパーツです。
「IntelCPU交換費用」は5000円台〜

OS


アプリケーションソフト

OS

パソコンのハードとアプリケーションソフトを動作させるための基本ソフト。  

アプリケーションソフト

文書の作成・数値計算作業・画像処理などを実行させるためのソフト。


2.記憶パーツ
メモリー
HDD、CDD、DVDD、
メモリーカード、
フロッピーディスクD


メモリー


HDD

記憶パーツ(機器) 
メイン記憶パーツが メモリー
サブ記憶パーツ(機器)が HDD、CDD、DVDD、メモ リーカー
ド、フロッピーディスクDなど
OSやアプリケーションソフトのデータを保存します。

サブ記憶パーツ(機器)に保存されているデータは必要時にメイン
記憶パーツ(メモリー)にロードされ、指示が実行され ます。


3.入力パーツ(機器)

キーボード
マウス
スキャナー


キーボード

マウス

入力パーツ(機器)
キーボードやマウス等とスキャナー、ボイスレコーダーやデジタル
カメラ、デジタルビデオカメラ等
入力パーツ(機器)は、記憶パーツ(機器)にOSやアプリケーショ
ンソフトのデータを取り込む装置です。

4.出力パーツ(機器)


モニター、スピーカー、
プリンタ


モニター


プリンタ

出力パーツ(機器)
モニター、スピーカー、プリンタ、リモコン機器の自動制御など計算結果や入力、保存データ、写真、動画などを、人が見たり聞いたりできるよう表現する機器です。
マザーボード、ハードディスクドライブ、CPU、メモリ、電源ユニット等のパーツの規格・種類

次へ